モンハンは優しい世界

発売日以来、プレーしていましたがカービィとアサクリオリジンズを購入・プレーするに至り、とりあえず落ち着いたので感想と思い出話でも。

 

**********

 

モンハン自体の出会いは大学生のときに友人たちがPSPでプレーしているところからでした。当時、やってみなよ!とちょっと触らせてもらって思ったのは

 

動きがとろい!

操作がわかりにくい!

アイテムアイコンがわかりづらい!

スタミナあるのがうっとおしい!

 

と非常にマイナスの評価からでした。正直、とっつきにくいですよねあれ。

任天堂の直感でプレーできるようなゲームを好むので、モンハンは非常にとっつきにくく感じました。

 

――それから幾年――

 

今の旦那と出会い、旦那がもともとモンハンやっていたのと彼自身がパートナー同士でできるゲームを求めていたのでやる格好になりました。旦那がいなければ一生、モンハンはやらなかったでしょうし、操作もルールもわからなかったと思います。そもそもネットとか繋いで誰かと一緒にプレーしないといけないというのも、今までの私にとってはかなりストレスフルでした。(そこらへん、スプラトゥーンはストレスフリー。ゼロではないけれど。)

 

というわけで4から入りました。当時、操虫棍が初登場したということでそれをオススメされて以来、蟲遣いです。昔からおすすめされたものが意外に性に合うことが多々ある。

 

蟲は育成できるし、パワー・スピード・スタミナと好きなタイプに育てると見た目も変わるのでとても愛着が持てました。スピードタイプが好きだったのですが、XXのときはバランスよく育てていました。

 

モンスターハンターワールド(以下mhw)は私の大好きなスピードタイプ、つまり見た目は蝶とか蛾なんですけれどこれが強いのでとても嬉しい限りでした。

 

ただ装備なんかはXのときの方が好きかな、全体的に。

一番好きなのはmhwのオドガロン装備ではありますが。

すげーセクシー。女性装備はそれ装備の意味ないやろって感じで肌さらしてますが、旦那に聞いたらハンターたちはどうやら私らと同じ人間ではないらしいので(考えてみれば当然だろうけれど笑)肌をさらしたところで溶岩や極寒の地でも大丈夫…なのかもしれない。

とにもかくにもオドガロン装備の見た目は好みでした。

 

**********

 

twitterでも呟いたのですが、モンハンはR指定かけられていますけど物語自体はすごく健全でストレスがないと思います。

 

人間のいざこざとか嫉妬とか差別とか死とかとても悲しくて、見ていられないこともよくあるのですがそこらへん、モンハンは圧倒的な力を持つモンスターVSヒト(ハンター・竜人族・アイルーなど)で、そのヒトのコミュニティーの中でそういったどろどろの人間劇的なものは進行しないのでとても心地がいいです。逆に、どんどんクエストをこなしていき物語の核心たるモンスターに近づいていきついには狩る主人公にみんな惜しみない称賛、あるいは窮地へ飛び込んでいく主人公を心配し、支援をしてくれるのでとても気持ちのいい世界だと思います。

 

どちらかというと誰かとプレーしたときに嫌な目にはあうときがあるかな。これは自分自身も戒めなければならないことですが。一人でプレーする分には問題ないです。

 

**********

 

4、X、mhwと経てチュートリアルもずいぶん、優しくなっているので(私はXで優しいチュートリアルになったなと思ったが、旦那は4の時点で優くなったと言っているので、どんどん初心者に優しい仕様になっているのだと思う)PS4を持っているなら是非、やってみてほしいソフトだと思う。多分、PS4ユーザーならこの程度の複雑さならすぐに理解するんだろうな…と思う。

 

相方ありきで始めた自分としては、誰かやっている友人がいるのであればその人と一緒にやるとわかりやすいと思う。ほんと、Xまで旦那がいないとわからないことだらけだった。mhwは様々な狩猟の仕方をクエストを順にこなしていればちゃんとチュートリアル入るのでわかりやすい・・・。装備の仕方もわかりやすい。各装備についているスキルのスキル値が10にならないと効果が発動しないって、最初、わからなかったもん。それがmhwだと撤廃されているので、ほんとわかりやすいし楽しい。

  

モンスターハンター:ワールド 通常版

価格:7,854円
(2018/4/8 04:29時点)
感想(292件)